<やさしい飲み水のために>
〜サンビリン村・水と木のプロジェクト募金〜

マレーシア・サバ州では日本も大きく関わり木をたくさん伐採してしまった為に、
森林が減少し、雨が降らなかったり、土砂崩れがあったりといろいろな問題があります。
特に、飲料水と洪水の問題は大きな問題です。

そうした問題を抱えたティウロン村に私はたくさんの恩を受け、恩返ししたいと始めたこの活動。
これまで、たくさんの方に応援していただきました。

皆様からの募金、書き損じハガキ、ペットボトルのキャップのお陰と、NGOオイスカの全面的な協力のお陰で、植林・飲料水のタンク設置、そして現地訪問ツアーまですることができました。

本当に感謝しています。ありがとうございました。

確かにティウロン村は住み良くなりました。

でも、だから手を放すんじゃなくて、繋がったままで、これからもつなぐ手を増やしていきたいんです。

貧困で苦しむ国・村は、たくさんあります。当初の感謝と恩返しの気持ちを大切に、自分に出来る場所、出来ることをしていきたいです。友人・家族を増やしていきたい。そんなシンプルな気持ちです。

皆様のお力で活動を続けられるなら、ティウロン村の人々にも継続して関わりながら、今後はその募金を、植林や、同じように不衛生な水環境にいる人々の手助けをしたいです。

次の支援の場所にあげられたのが同じサバ州サンビリンという村です。
こちらの近くには、私が八年前にお世話になったフェリックスさんの家族(この活動のきっかけをくれた家族)が
引越しをして、住んでいます。

こちらで新たな山水のパイプ供給プロジェクトと植林を目標にしています。 費用は60万円程度です。

サンビリン村は山の水タンクからの配水用のパイプが壊れて、村人たちは生活に必要な水を確保出来ていません。
また川は汚染されていて、とても生活には使えません。
安全な水の供給はコレラといった病気の蔓延を防ぐことにもつながります。

私は「今、自分に出来ること」から始めた活動に、これ程の支援が集まるとは当時思ってもみませんでした。

今でも自分自身に大きな力があるとは思っていません。

ただ、微力な一歩が集まるとこれだけ大きな力となること、想いの強さがあれば、
どこまでも進んでいけるということを、皆さんから教わりました。

そんな大きな力になるのなら、もっと支援場所を広げていきたいと思うようになりました。

今後も皆さまから寄せられる大きな力を信じて、「今、自分に出来ること」を続けて行きたいと思っています。

たくさんの人と手を繋ぐ中、お互いに笑顔が増えていく、そんな活動を目指しています。
どうぞたくさんの笑顔が増えていくように、皆様お力を貸して下さい。よろしくお願いします。

亜紗比。


[wood3s+]


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2